update : 2022-10-30
2022-10-29 / syui

ios , m / ios

ios

iosで使用しているアプリを紹介します。iphone se3とipad9を使っています。

アプリ

  • termius

  • openvpn

  • goodreader

  • authenticator(google)

  • bitwarden(使っていない)

  • firefox focus

  • reddit

  • medly

  • scaniverse

  • metatrader 5

  • slack

  • twitter

  • mastodon

  • ibispaint x

termius

iosでは主にtermiusを使用しています。これがないと、私のスマホは恐ろしいほど不便になります。

私のようなhackerは、主にlocal-network環境を構築し、様々なデータにアクセスできるようにしています。

つまり、local-networkに入れないと何もできません。

ios端末、つまり、iphoneやipadはsimを入れてキャリア回線を使用するためglobal-ipになります。wifiのlocal-ipはここでは考慮しません。

wanからlan(local-network)に入るには、様々な方法がありますが、ルーターのポートフォワーディングと呼ばれる機能とvpn serverを使用します。詳しくは、archlinuxの記事に書いています。

termiusはsftpを使えるので特に便利です。

goodreaderは最新のopensshのprivate-keyに対応していません。

checkm8

checkm8の登場により、iosのroot権限を得るのは、さほど難しくなくなりました。私もいくつかの古い端末でrootを取っているios端末はありますが、特に利便性を感じていないので、使っていません。sshは可能です。しかし、そこまで早くはないし、むしろ遅いので、ios端末をサードパーティでカスタマイズする必要性を私はあまり感じませんでした。

https://checkra.in

https://github.com/axi0mX/ipwndfu

とりあえずやることとしては、ipwndfuを使います。dfu modeに入って、usb接続した上で、ipwndfuの診断及びexploitを実行をします。

$ ./ipwndfu -p

rootを取ったあとは、サードパーティのアプリを入れられるようになるので、cydia, altstore, reprovision, unc0verあたりが便利です。

cydiaは自動で入る事が多いですが、ここでopensshもinstallできます。

iosのrootを取るときに気をつけなければならないのは、shsh(署名)です。upgradeやdowngradeに関わってきます。shshは保存しておくのがいいでしょう。

最初に述べましたが、iosのroot化は、そこまでできることは多くないと思います。androidとの比較になりますが、android(root)のほうが圧倒的に便利と言えるでしょう。