2023-12-21 / syui

ue5 , 3d

ue5を触ってみた9

今回は、髪の毛が体を貫通する問題の修正と歩くモーションを変更する方法です。

KawaiiPhysics

https://github.com/pafuhana1213/KawaiiPhysics

このpluginは素晴らしい働きをし、完璧に動作します。

ただし、このpluginはc++クラスを追加する必要があります。

c++クラスを追加するとwindows側でprojectを起動できなくなります。私はmacからwindowsに送ってbuildしています。

したがって、こちらにあるように.uprojectを修正して起動し、c++クラスを追加後に右クリック、generate visual studio project filesから.slnを作成してrebuildします。rebuildする際もあらゆる依存関係でerrorが出るかもしれません。ue5は基本的に壊れているので、あらゆる問題が発生する可能性があります。

このpluginの使い方は、vroid studioで後ろ髪のboneを確認したあと、そのboneをrootに設定し、各種limitを設定し、指定のboneを貫通しないようにします。Sphere Limit,Capsule Limit, Plane Limitがあります。

ちなみに、今回はUE_5.3/Engine/Build/BatchFiles/Build.batを動かすのに相当手間取りました。

  1. pluginを使うにはc++クラスを追加する必要があるらしい

  2. 追加するとwindowsでuprojectが開かなくなる

  3. とりあえずc++なしでuprojectを開いてc++クラスを追加

  4. slnでrebuildが通らない。visual studioが警告ありとか出てる

  5. visual studioで.net framework sdk 4.8.0をインストールしろと言われる

  6. .net framework 4.8のインストーラーがblockされる

  7. .net framework 4.8.1とその他の.net関連をを手動でインストールする

  8. 1回目のrebuildが何故か失敗する

  9. 2回目でやっとUE_5.3/Engine/Build/BatchFiles/Build.batが動作する

  10. uprojectが正常に開くようになる

こんな感じでue5が動作する環境を構築してる時間のほうがゲーム開発してる時間より長い。ゲーム開発をしている場合ではない。

walk/run, land state

ABP_Playerでwalk/runのstateを編集したり、スタート時のダッシュをアニメモンタージュで調整したりしました。

/ai/video/#ue5_ai_0006.mp4